ALICE × イタリア語

日本語も通じますが…

アリーチェのスタッフはもちろん日本人、しかも関西人、さらにその内一人は京都人です。
けれど、あれれ?…スタッフ同士の会話を聞いているとなんだかサッパリわからない。

そう、スタッフの公用語はイタリア語。日本人同士なのに何故かイタリア語で会話してる、という不思議な感じなのです。オーダーだけでなく、全ての会話がイタリア語。
なので「美味しい!」や「また会いましょう」なんていう簡単なイタリア語を知りたい場合はお気軽にお声がけくださいませ。簡単イタリア語教室、もちろん無料です(笑)。ちなみに、メニューには載せてませんが、当店でも「ソッリーゾ」は0円です!

ALICE × オーナーの髪型

よ~く観察してみてください!

ALICEは、オーナーであるシェフとその伴侶が二人で切り盛りするレストラン。
モーリェ(日本語でいう「妻」)は、ホール仕事の他、意外なところでは、シェフのヘアカットまでも担当しているのです。

毎回バリカンで適当に?まとめらるそのヘアスタイルの仕上がりに、シェフはドキドキしているのだとか。

シェフもたまにホールを動いていますので、機会あれば、そのヘアスタイルにもご注目くださいませ。ところどころデコボコしていたり、ミスを帳消しにするため刈り上げ過ぎていたりという髪型も、楽しく召し上がって頂ける隠し味になってくれれば値打ちありですね。

ALICE × BGM

素敵なひとときをお過ごし頂きたくて。

あるとき、お客様から「今日のBGMはいつもと違う雰囲気だね」とお声がけ頂きました。
そうなんです。アリーチェでは、BGMを色々と工夫しております。
料理を楽しく召し上がって頂くには、小さな「おもてなし」の積み重ねが大切と考え、どんな音楽を流せば心地よくお過ごし頂けるか…と思い巡らしながらテーブルにお皿をお届けしています。

もちろん、お客様の音楽のお好みはそれぞれです。ですので、満席の時は、悩むこともしばしば。正解なんてないのかもしれないし、もしかしたらお好みを外していることだってあるかもしれない。けれど、お客様お一人おひとりに接しながら「どういう音楽がお好きなのかな」と考えるのは、私たちにとっても楽しいことです。

ランチのラストオーダーぎりぎりにいらっしゃった年配のご夫婦。他にお客様はいらっしゃらなかったので、シャンソンをセレクトしたところ、ご主人様からお誉めの言葉を頂戴しました。

アリーチェでは、美味しさはもちろんのこと、心地よさ、やわらかさ、あたたかさ…そんな風に感じて頂けるよう、一期一会の想いでチャンネルを選んでおります。

ALICE × 苦みあるコーヒー

「ALICEならでは」をたくさん作りたくて。

ALICEのコーヒーALICEのコーヒー、ちょっと苦めのエスプレッソをご用意しております。

このエスプレッソ、開店当初からお出ししていたのですが、「苦い」とおっしゃる方が少なからずいらっしゃり、「苦めです」と事前に言葉を添えるようになったと言う逸品です。

苦めのコーヒーがお好きなお客様は是非お試しくださいませ。

ALICE × 京都観光

京都通は北白川を進む!

市内あちこちに「観光名所」が点在する京都。清水寺や金閣寺といった人気スポットを一通り巡られた皆様にとって、アリーチェの南北にある名刹や古刹は、次に訪れるスポットにもってこいです。

一年通い詰めても飽きないであろう美しい庭がある蓮華寺。静かな門跡寺院、曼殊院。そして詩仙堂…ゆったりとくつろげる空間ばかりです。

南には言わずと知れた名刹慈照寺銀閣。法然院はパワースポットのような雰囲気です。哲学の小径も人気のコース。吉田山には真如堂や「黒谷さん」の愛称で親しまれる金戒光明寺…。挙げだしたらキリがありません。

地元の皆様に愛されるお店でありたいのと同じように、京都にいらっしゃった皆様、北白川に足を運ばれた皆様を温かくお迎えできるお店でもありたい。お近くへいらっしゃった皆様、是非アリーチェの一皿を旅の想い出に!